2024/06/20

心理学科卒の方!児童指導員の任用資格を取れます!

人材紹介会社フレディでは、児童発達支援事業所や放課後等デイサービスのお仕事を数多くご紹介する、「福祉の資格求人センター」を運営しております。

 

放課後等デイサービスや、未就学児対象の児童発達支援事業所といった療育施設でのお仕事をする際には、児童指導員の任用資格を満たしていることが求められます。

 

こちらでも、児童指導員の任用資格を満たす方法として、実務経験での任用他の資格での任用大学での専攻による任用について説明してきました。今回は特に、心理学科を卒業した方についての解説をいたします。

 

心理学科卒は任用資格を取れます!

児童指導員の任用資格の条件に「心理学を専修する学科又は課程」を卒業というものがあるので、任用資格を取得することは可能です。ただし、「数科目だけ心理学を履修した」というのでは、専門に学んでいた事にならないので、任用資格を得られません。

 

地域によっては、専門的支援加算の対象に

心理卒の場合は、地域によっては「専門的支援加算」の対象となることがあります。そうなると、事業所としては、一般の児童指導員以上に、ぜひ採用したいと思っていただけます。

 

ただし、対象になるかは所管する行政機関の判断によります。例えば、同じ大阪府内でも、大阪市や堺市では対象になっても、北摂方面では対象にならないということもあります。

 

学科名が明確でない場合は注意が必要

「心理学を専攻した」ということも、行政の判断によります。学科名や専攻名が「心理学科」「心理学専攻」で、卒業証明書にも記載があれば、概ね大丈夫です。「人間科学学部」とか「人間環境学科」などの場合、一つひとつの履修科目を見て判断をされることになるので、注意が必要です。

 

大学に卒業証明書と成績証明書

大学の専門による任用資格の場合は、卒業証明書、成績証明書が必要になります。大学によっては、児童指導員任用資格証明書を出してくれるので聞いてみて下さい。

 

認定心理士の資格もお持ちの方

認定心理士の資格を取得されている場合は、上記に加え、証明書もご用意しておいて下さい。

認定心理士の資格が取得できるということは、心理学を体系的に学んできたという証明にもなるので、行政に児童指導員の任用資格を認めてもらうことが出来ます。

 

他の心理系資格は?

様々な心理系資格で、児童指導員の任用資格を満たすかについては、こちらの記事にまとめました。

 

私ども福祉の資格求人センターでは、任用資格の確認も行っております。面接対策履歴書の書き方など、良い転職が出来るようなサポートを完全無料で行っております。お気軽にご相談下さい。